イタリアンレストランに行くときのマナー講座

イタリアンレストランに行くときのマナーを解説

コース前半

イタリアンレストランでコース料理をたしなむ時のマナーのご紹介です。ここでは、コース前半として、メインディッシュまでの説明です。まず最初の、席に座ると目の前には、お皿、ナイフ、フォーク、ナプキンが揃えてあります。これはイタリアン料理に限りませんね。食事が来る前に、ナプキンは2つ折りにして膝の上に置きましょう。そっと添える感じです。この時に、ナイフやフォークやお皿を触って場所を変えることはしません。

前菜などの食事が運ばれてきたら食べ始めます。食事中はナイフとフォークをハの字に置きます。これはまだ食事が途中ですよという合図にもなります。食事が終了した時には、ナイフとフォークをお皿の右端に揃えます。たとえ、お皿の上の食べ残しがあっても、お腹いっぱいです、という合図にもなりますので、運んでもらえます。この時に、ナイフとフォークを所定位置(最初の場所)に置きなおす人がいますが、これはマナー違反になってしまいます。お皿の右端に揃えましょう。

次にスープです。お皿ごと、飲みほすなんてことはしないように、スプーンで手前から奥へと救い、音を立てずに飲みます。イタリアン料理にはパンが良く登場します。パンは適度な大きさにちぎって、食べましょう。予め一口サイズのものはそのままでOKです。バターは食べる分量ずつその都度付けます。めんどくさく感じますが、少しずつです。

コメントは受け付けていません。